サスペンション関連

2/11ページ

ガンコート 倒立ブラケット

インナーチューブへ再メッキ、DLCを施工する際、ブラケットを外さないといけません。 このチャンスを逃さずに、ブラケットも綺麗にしませんか。ガンコートは飛び石に強く、長く美しさを保持してくれます。 WPC処理、モリブデンショット、 ハイパーモリショット、WPC+DLC のご依頼はエヌ・イーまで。 エイジングブラスト、ガンコートと同時施工で外観も仕上げませんか。 メンテを愉しむ為の覚書(抜粋) ※もっ […]

SRX400 インナーチューブへのWPC

インナーチューブへのWPC処理が再び依頼が伸びています。見た目ではほぼ判別つかない仕上がりが、ストック状態で仕上げたい方に支持されています。 ガイドブッシュ、スライドブッシュも合わせて処理すればより安定した動きが期待出来ます。 WPC処理、モリブデンショット、 ハイパーモリショット、WPC+DLC のご依頼はエヌ・イーまで。 エイジングブラスト、ガンコートと同時施工で外観も仕上げませんか。

XS1 インナーチューブ、スプリング

半ば諦めている旧車のサス性能ですが、WPC処理をすれば、外観を変えずに、とてもリニアに動いてくれるようになります。 またハードクロームのピンホールを塞ぎ点錆が出にくくなる利点もあります。 状態の良いうちに、ご検討ください。 WPC処理、モリブデンショット、 ハイパーモリショット、WPC+DLC のご依頼はエヌ・イーまで。 エイジングブラスト、ガンコートと同時施工で外観も仕上げませんか。

トップボルト WPC+DLC

インナーチューブと共にトップボルトも色を合わせたいとWPC+DLCのご依頼を頂きます。 DLCは黒いっ!と思われている方も多いのですが、成膜具合では濃い茶褐色っぽくなる場合もあります。DLCは元来、装飾目的ではありませんので、そのような色ブレが発生する事をご容赦ください。 未だ色で問題になった事はありませんが、折角ご依頼いただいたのに届いてガッカリでは申し訳ありませんので予めお知らせしておきますね […]

インナーチューブ 内部樹脂カラーについて

正立用インナーチューブのボトムカラーの一部に樹脂が使われている場合がありますが、以前はDLCの成膜時の耐熱性の高いフッ素系の樹脂が使われている事が多かったようですが、最近の一部車種には熱に弱い樹脂カラーが使われているようで成膜後溶け出してしまう事例がありました。 この為、今後はカラーを外してからご依頼いただく形になります。旋盤、溶接作業が必要となりますので、ご自分で出来ない場合は、提携サスペンショ […]

ガンコート ゼファ750 ステムアウターチューブ

ブラッククロームにて施工しました。アウターブラケット、アンダーステム、トップブリッジのセットでの施工が増えています。 WPC処理、モリブデンショット、 ハイパーモリショット、WPC+DLC のご依頼はエヌ・イーまで。 エイジングブラスト、ガンコートと同時施工で外観も仕上げませんか。

1 2 11