エンジンパーツ

104/104ページ

FIAT500

シリンダーに錆の発生したFIAT500。 ホーニングは残ってるので、出来ればこのまま使いたい。 でもこのまま組むのは気持ち悪い。 処理後はこの通り。 排気量の割にはごっついロッカー周り。 その割には弱いそうなので、この辺りも処理します。 リフターも処理しました。

ビューエル(JE)ピストン

性能面ではなく、見栄えも良くなって(すべての部品が良くなる訳ではありません) 今回SHOP様からの依頼でしたが、組む前にお客様に見せたい!と喜んでいただきました。

RB26オイルポンプケース

RB26のオイルポンプは 手前2点のトロコイドギアASSYと、カバー側は処理可能ですが、 後ろに写るケース本体は複雑なオイル経路があるので、 残念ながら処理剤が残留する可能性があるので処理していません。 トロコイドギアASSYのみで大きな効果が期待出来ます。

1 104